忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

戦いを終えて。


清水宗治公自刃ノ阯。


胴塚。


へび。


大鳥居。


秀吉が作った堤防の残り。
PR

備中高松城の戦い(8)


その気になってる鎧武者。


水が引くのを見守る鎧武者。


いつの間にか、晴れ渡る備中高松城。


本陣に戻り、勝利を告げる鎧武者。


備中高松城!制覇!!
エイエイオー!!
勝ちどきをあげる鎧武者。

備中高松城の戦い(7)


本丸は広く、芝生が広がる。


そして「清水宗治公」の首塚と


辞世の句が彫られた石碑があります。


清水宗治公へのお参りをもって、備中高松城戦は幕を閉じた。

戦国の世に生まれ、裏切ることなく毛利のために戦い、城兵のために命を差し出した猛将、清水宗治。
この戦いを本で読んだ時、僕の心は震えました。
これほどの武人がいたことは、日本の誇りでしょう。


苦しい戦いを振り返る鎧武者。

備中高松城の戦い(6)


いざ!


鎧武者が参った!!


誰かおらぬか?

備中高松城の戦い(5)


水の流れを点検する鎧武者。


堤防を見回る鎧武者。


水攻めはうまくいっているようだ。


残すは本丸のみ。


本丸へ赴く鎧武者。

備中高松城の戦い(4)


ゆけーゆけー!


水の流れを見守る鎧武者。


高台より、水没した城を眺める鎧武者。


木道をゆく鎧武者。


戦場でも花を愛でる、風流な鎧武者。

備中高松城の戦い(3)


どれどれ。


あ!あれは!?


何かを見つけ、駆け出す鎧武者。


水門だ!


水門を開け、昨日の雨で増水した川の水を、城内に流し込む鎧武者。
なんて教科書通りの攻めなんだ!!

備中高松城の戦い(2)


見渡す鎧武者。


もっと見渡す鎧武者。


橋を渡り、さらに奥へ。


山に囲まれた低地だな。


あの高台へ登ってみるか。

備中高松城の戦い(1)


今日は甲冑キメッキメ!!


偵察済みでバッチリ!


本陣へ向かう鎧武者。


布陣を確認する鎧武者。


どうやら、羽柴殿も来ているようだ。

備中高松城を偵察。


備中高松城。


蓮池が広がります。


雨です。かなり降ってて、水攻め当時の雰囲気を感じます。


山に囲まれた低地にある。


実際に来てみると、水が溜まりそうだと感じるが、それは歴史を知っているから。
何キロも堤防作って、城を水没させようなんて考えつかない。
恐るべし!黒田官兵衛!!


蓮池は清水宗治公の時代から存在してました。
現代になり、城を整備したときに、当時の種が自然発芽し、今の池に生えてきたので「宗治蓮」と呼ばれています。

ロマンですな!

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

[07/02 鎧武者。]
[07/01 ニコパパ]
[06/29 鎧武者。]
[06/29 鎧武者。]
[06/29 鎧武者。]
[06/29 ちづる]
[06/29 ちづる]
[06/28 たかしょー]
[06/26 鎧武者。]
[06/26 mina]

プロフィール

HN:
鎧武者。
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

最古記事

P R